2013年6月6日木曜日

絶望

こんばんわー

今日はRedStoneとは関係のない記事です。

人によっては深良い話ですが、人によっては胸糞悪い話です。


本日の業務はそれほど忙しくはなかったのですが、新入社員がいたりして

新しい仕事を教えながらだったので自分の業務の終了がちょっと遅れていました。

それでも30分くらい残れば終わる量だったのですが。


そのとき、仕事が終わるのが遅れていることを怒鳴りつけてくる同僚がおりました。

どうしたんだ?ってくらい激昂してきて、胸ぐら掴まれ、殴られそうになりました。

そちらの言い分としては、みんなの仕事が終わってからみんなと帰りたいから

終わってない奴がいると嫌、とかなんとか意味不明です。てか手伝わなくていいって言っても聞く耳もたず。


「泣かすぞ」とか「職場だから何もせんと思っとんのかシバくぞコラァ」とか、まじでヤクザ並みの怖さでした。

腕をおもっきし掴まれ、壁際まで連れて行かれ、少しの時間だったとは思いますが自分にとってはかなり長い時間でした。


「死にたい」

そう思いました。


「なぜ俺?」

とも思いました。


「なんかいいたいことがあるんなら言えやコラァふざけとんのか」

そんなことを言ってくるヤクザみたいな同僚に自分の本心を言ったら

確実に殴られる。シバかれる。殺される。


「今日喧嘩して相手フルボッコにしてやったわwww」とか

平気で自慢してくる同僚。まじ怖い。


本題は、ここからです。


まじで死にたいと心の底から思いましたが、なぜか涙は出ませんでした。

こんな時は思いっきり泣いてスッキリしたかったのですが

手が震え、心臓の鼓動が早くなるばかりで、涙は出ませんでした。

そんなときに、ふと、昔上司で、今は転勤してる方と話がしたくなり、思い切って午前1時に電話をかける。


相手はまだ仕事中でした。

でも親身になって話を聞いてくれ、アドバイスも教えてくれました。

本気で泣きました。

相手の声を聞いた瞬間、何も言えなくなり、涙が止まりませんでした。

おかげでスッキリ出来ましたし、仕事を「失踪」という形で終わることも回避できました。


どんなアドバイスなのか、気になるでしょう。


「思いっきり絶望するんよ。

出来れば会社の床に、仰向けになって寝っ転がって、思いっきり絶望するんよ

自分はクズだ!とか最低だ!とか俺なんて死ねばいいのに!とか、とにかく首吊る寸前まで絶望するんよ

でも時間を決めるんよ。10分後にアラームセットして10分間思いっきり絶望するんよ。本当に首吊っちゃいかんよ?

とにかく10分間絶望したら、そのあとは気持ちがすごくスッキリするんよ」 と。


元上司も、昔先輩から教えてもらった技らしく、これまでにも幾度か実践して問題を乗り越えてきたらしい。

うちの会社ほんとブラック。

0 件のコメント:

コメントを投稿